【プロフィール】嶋根はこんな人間です。

嶋根 徹哉

1985年、埼玉県に生まれる。

 

『人生に”根本的変化を起こす”セルフイメージを満たす目標達成法』を

提供するブレイクスルー【決断】コーチ

 

 

両親の元で3人兄弟の一番下3男坊として生まれた僕は活発的な子だったんですね。

近所のおばちゃんたちには人気者でよく、「飴食べる?」て、飴をもらっていました。

その当時は世界が明るく見えて毎日ワクワク楽しく、世界は自分を中心に回っているんじゃないかと思う日々を送っていました。

 

そんなある日、僕の人生をどん底に突き落とす人間不信の道へ進むある出来事が起こったんです。

それは何かというと 『いじめ』 です。

 

中学の時、毎日のように罵倒が飛ぶようになり、

胸が締め付けられ、後頭部の首筋辺りに砂嵐のような雑音がいつも流れていましたね。

僕は肌が黒いんですよ!所謂「自グロ」ってやつですね。

そのことをずっと言われるわけです。

だから当時つけられたあだ名が 「くろ」 だの 「コーヒー」 だの色が黒いものなら何でもその名が呼ばれていました。

道徳に出てくる黒人の女の子「レヘマ」なんて呼ばれたこともありましたね。

 

常に僕の容姿を否定され続けてホント心が病んでいきました。

 

夜になると、布団の中で天井を見上げながら、『なんで生きてるんだろう?』て心の中で

答えの出ない自問自答をくりひろげていましたね。

そのとき、僕は「あつ!」と落胆しながら気づいてしまったんです。

「自分なんていなくてもどうでもいい存在なんだなぁ。価値のかけらもない」って。

 

でもね。やっぱりこのままじゃイカン!って思うわけですよ。

 

だから、高校では、中学のメンツが誰もいないところを選ぶだわけです。

けれども、一度病んでしまった心は負の連鎖を引き寄せてしまうんです。

当時は僕はそんなことわかりませんでしたけど……。

 

当時の僕は、自分を変えようと、無理して明るいキャラを演じるわけです。

すると、周りに友達が集まってくれるわけなんですが、それを面白くないと思う連中がいるわけですよ。

僕は、不良グループ数十人に「おまえ調子乗ってんじゃねぞ!」と絡まれました。

「なんで、こんな目にあわなきゃいけないの?僕がなにをした?」そのとき、悟りました。

 

出たクギは打たれるんだなぁと……。

それから3年、僕はほとんど口を開かず過ごしました。

 

それからというもの、自分を変えようと思えば、つぶされる経験を繰り返します。

一番仲がいいと思っていた友達には、お金をだまし取られ、さらには旅行詐欺にも逢いました。

 

もしかしてあなたも、詐欺にあったことってあります?

 

詐欺に遭うと、心底自分が情けなく嫌いになります。

この経験で心の底から僕は、ダメな人間だ!とか、

他人は仮面を被った悪魔だとどんどん人間不信の道を突き進むわけです。

 

そんな時です。

人生を変える運命的な出会いをします。

それが、心理学NLPとの出会いでした。

 

初めは詐欺にもあった経験から、心理学なんて「うさんくさい」と思っていましたね。

それに、僕はこの時、この負の歴史があるから、精神的に強くなった!

何事も動じない心を手に入れたと本気で思っていました。

 

しかし、そんなことなかったんですね。

講座を受けていくと、パズルのピースがはまっていく用に僕の人生がわかってくるんです。

現在から未来を見て、そして未来の僕から過去を見る。

すると、人生が一本の道タイムラインとしてとらえることができたんですね。

これを時間の線化っていうんですけど、思わず「えっ!!」て声が出ちゃいました。

 

あんなに人が嫌いで怖いと思っていたのに、

心の奥底ではめちゃめちゃ人のぬくもりやつながりを求めていたんです。

 

さらに、このラインを上から見ると、時間を面で捉えることができます。

すると、僕の人生の舞台が見えて感じられるんですね。

そこは自分が主人公だといこともわかってくるんです。

さらに、僕にかかわってきた人たちのタイムラインを感じながら進めていくと、あることがわかります。

それは、

 

「僕の周りには家庭環境がぐちゃぐちゃな人しかいなかったんです」

 

その瞬間、「ああっそっか!」て腑に落ちた瞬間でもありました。

もしかしたら、僕は受け入れられる存在なのかもしれない。

 

だから、悩みを持っている人の話は親身に聞いてしまうし。

自分なんて大したことないって思う人をほっとけないんだ!って気づいたんですね

 

気づけば、僕は職場では誰よりも教育に熱心でした。

僕はモノづくりの製造業で働いていたんですが、

そこに来る子ってネガティブな子が多かったりするんですよね。

すると、自信なく仕事していると、ミスがミスを呼ぶんですよね。かつての僕の負の連鎖と同じように。

すると、やっぱりダメ社員レッテルを貼られてしまう子が中にはいるんです。

 

その子と一緒に、心の問題を取り除いていくと、すごいことが起きます!!

 

あっという間に急成長してしまい、ミスの許されない基幹業務をこなすまでになってしまったんです。

「あいつはどうした?なにがあった」と周りから注目を集め、影響力を発揮しています。

 

ホントに多くの方は、かつての私や、ネガティブな彼のように、

できないって自分で限界を決めてしまっているんですよね。

 

だから、僕は伝えていきたいんです。

出来ない人なんていない。ただやり方を知らないだけなんだって。

 

知るは“できる”のはじまり。

 

だからこそ、僕は心の扱い方を伝えて、目標達成していく

セルフイメージを満たす目標達成法を提供しているんです。

 

やりたいことはあるのに、行動に移せないで悩んでいる。そんな自分を変えたいあなたへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です